生活保護受給者が融資を受けたいとき

スポンサーリンク

生活保護を受けている人は、お金を借りてはいけない?

生活保護を受けている人は、お金を借りてはいけないのでしたっけ?生活保護を受給しようか迷っていますがお金を借りたい時どうしたらいいのか不安です。私はカードローンとかリボ払いのショッピングなどをよく利用する人間でして、生活保護を受けてしまうとそういったサービスが受けられなくなるということを聞いたことがあるのですが本当でしょうか?そう考えると生活保護にあまりメリットがないように思うのですが。生活保護を受けるメリットとデメリット、ちょっと整理したいと思っています。

生活保護を受けるメリットといえば、当然働いていないのにお金がもらえる、生活保護してもらえるということですよね。後現金以外で医療費が扶助されたり。生活保護を受けていると今できないというデメリットはありますね。生活保護は私たちが日常の生活を、最低限人間らしく送るための費用を負担してくれるというものですから、遊興費やショッピングなどで借金をしたり住宅ローンを組んだりカーローンなどを自由に組めるということになってしまい、その返済に生活保護費を当てようということであれば、生活保護受給者の生活は圧迫されてしまうことでしょう。さらに生活保護の人が自由に借金できるとなれば、そしてその借金の返済として生活保護費を当てていいということになれば、多くの人が生活保護を受給したいと思うことでしょう。さらに生活保護の費用から住宅ローンを払うということになってしまうと、住宅という個人資産をということになりますよね。それって住宅ローンを支払いながら生活保護を受けるというのは制度上矛盾する行いになります。

生活保護を受け始めたら今まで持っていた借金が帳消しになるというわけではないです。ですから今までに借金がたくさんあるとか支払いが困難になってるということで生活保護を受けたいのであれば、自己破産などをしてきちんと今までの負債額をクリアにしてから、生活保護を受給することになります。もし生活保護を受けている最中にどこからからキャッシングなどして借金をした場合は必ず役所の方に申告しないといけないです。そうすると次の月の生活保護の費用から、差し引かれて残った分が支給されるはずです。

もしも借金したことを役所に申告せずにおいてそれがバレてしまった場合は、生活保護の法律違反となります。厳密に言えば違法行為ということになりますし、悪質だと判断されれば生活保護が次の月ぐらいから支給停止になる可能性があります。生活保護を受けている人がお金借りたい時に使えるのが、社会福祉協議会の生業資金の貸付、それとつなぎ貸付資金、この二つだったと思います。後生活保護を受けてしまうとデメリットとして、国外に長い間不在する場合に役所に申告しないといけません。それに海外で滞在している間、生活保護は受けられません。生活保護費は国内での生活を保護するためと言う制度だからです。

無職でお金がない、生活費がない

今現在家賃を3ヶ月滞納しています。それに健康保険も半年以上、住民税もかなり滞納しています。病気療養中で入退院を繰り返しています。一時的に退院している日に派遣やバイトで日銭を稼いでいますが、病気の症状が重くなり雇ってくれる会社も少なくなってきました。最近では派遣会社も私に仕事を回してくれないのです。なので現在失業中です。クレジットカードもありません、身寄りもおらずお金を借りることもできません。社会福祉協議会に相談したんですが、緊急小口融資とかいうお金を借りることもできるそうですが書類作成が面倒くさく私にはできそうもありません。

担当の人にお任せしようと思ったのですがこの制度はお金を借り、そして当然ですが返す必要があるので、いずれ仕事をして返せるあてがないと、審査が下りないということです。さらに書類が通り気にあったということで審査がおりてもお金を貸してくれるまでには3週間くらいかかると言われました。今持ってるお金も500円くらいです。派遣会社にもう一度就職のお願いをしていますが断られた状態でどうしようもないです。病気もどんどん悪化し、働ける見込みもなく治療費も払えない状態です。どうしたらいいでしょうか。

あなたの場合は福祉事務所に相談に行けば生活保護がおりるんじゃないでしょうか。あなたの状況を説明して、病気があること、派遣法日雇い法で働くつもりはあるものの職が見つからないことなどを全てお話しになってください。そしてその時はお金が今ないことを証明できるものを持って行ってください。例えば残高の少なくなってる通帳とかです。また病院の治療費の明細とかがあればそれも持って行きましょう。今滞納中の家賃や未納の支払い用紙が残っていればそれも持って行ってください。あと身分証明書印鑑もあると早いです。もうこの生活保護が受けられないとどうしようもなくなるということを、何度も粘ってお伝えになるといいです。

その時に注意したいのが、働こうと思えば働けるというようなことは言ってはいけません。働こうと思っている、というようなことを口走ってしまうと違う部署に回されてしまいます。あなたは働けない状態なのですから、もう働けない、誰も助けてくれない、いろんな人に助けてもらおうと頼んだけど無理だったからこの役所に来て相談していると粘って主張してくださいね。生活保護の申請用紙がもらえるはずですからこれは当日に書いて提出してください。そのために身分証明書や印鑑など必要なものを全部持って行くことをお勧めしています。そうすると処理が早く進めば2週間くらい後に生活保護費はもらえます。

担当者にもよりますが本当にお金がなくて今日明日の生活が困ると言えば少しぐらいなら役所の方でお金を貸してくれることがあるようです。とにかく生活保護を受けられる状態の人なのですから、生活保護の受給を目指して頑張って下さい。生活保護受給者になれば、医療費の補助がありますから、あなたの病気を治すために無料、あるいは格安で治療を受けられます。あなたはどこかでお金を借りるというより生活保護を受ける方が先です。緊急小口融資はお金を借りることであって必ず返さなければいけなくなりますが生活保護だったら返す必要がなくなります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする