自己破産までの街金、闇金からの督促

スポンサーリンク

自己破産までの街金、闇金からの督促

今から10年くらい前いろんな消費者金融から借金を繰り返してきました。当然ですが支払いが出来なくなってしまいまして、いわゆる取り立て屋という人達からの脅迫じみた取り立てを受け続けてきました。本当に怖くて、自宅を転々とするような引っ越し生活を、余儀なくされました。

一時期は督促が止んだのですけど、先日、私がお金を借りている金融会社から手紙が届きました。その内容がとても怖かったので、書かれていた電話番号に電話をしてしまいました。そして実際に債務があることを口頭で認めました。おそらく、録音されていると思います。

その後は月々少しずつではありますがお金を返し続けていたところ、うつ病がひどくなり、働けなくなって生活保護を受ける状態となりました。生活保護借金返済に使ってはいけないですよね。なので借金の支払いには使っていません。手紙が来た時に時効の話などを全然知らなかったので、金融会社の口に乗らされ債務を認めてしまいましたが借金をしたのはそもそも10年くらい前なので時効になってるのではないかと思うのです。

先日また内容証明の手紙が自宅に届きました。そして自宅に取り立て家的な人がまたやってきて、家の中に入ってきて、会社の本社の方に電話をかけさせられました。生活保護を受けていて精神障害者の認定を受けているためお金は返せないと話しました。それと本社の人は丁寧な話し方で、「担当者がまたご連絡いたしますからお待ちください」と言っていましたが、その後特に電話も手紙も来ていません。自己破産の手続きが必要なので弁護士さんを紹介してもらって相談をしております。私はこれからまた取り立てが続くのがとても強いので弁護士の先生にられたり電話が来た時はどう対処すればいいのですか?と聞いたのですが、今弁護士に自分任せてるから、家には来ないでくれと言い張るしかないですよと言われました。

法律扶助という認可をお願いしてるのですがこれが降りるまでどのくらい時間かかりますか?弁護士の言う通りもし取り立て屋がまた来たら、今弁護士に任せているというだけでいいのでしょうか。また今精神障害者のため、生活保護を受けているんですけども、差し押さえとかの手続きを金融会社にされてしまうと困るんです。それも弁護士に依頼してるからという一本張りでなんとかなるもんなんでしょうか?

自己破産を計画されてるのであれば弁護士さんにもう一度きちんと説明を受けた方がいいですよ。弁護士がいるとはいえ、弁護士に任せているというだけではダメだと思います。自己破産の手続きでは裁判所に行ってあなたが裁判官と面接をしないといけないです。弁護士が受理票を金融会社に送ったというだけでは借金がチャラになったというわけではないです。

あくまで自己破産が認められ免責が決まってからでないと、借金が免責になったというわけじゃないです。ただ弁護士さんが自己破産の手続きをしてる最中に金などの取り立て屋から脅迫された場合はあさん申請をしている最中、弁護士に全部任せている、としか答えられないと思います。これは、弁護士さんの言う通りだと思います。自宅に来て何かを叩くとかあにもひどい取り立てがあった場合は警察に申し出るという方法もあります。

警察は借金を取り立てる行為を完全に辞めさせることできませんが、その時の暴力行為や暴言行為を仲介してくれるのであまり強い時は警察に相談してもいいと思います。取り立ての人に自分で勝手に話をするとトラブルの元になりますから、これからは注意された方がいいです。取り立ての人は押しながら自分たちに都合のいい証拠を作ろうとどこかに電話しろとか何か証明書を書けとか迫ってくることがありますが、こういったことを自分の判断で勝手に行うと、後でご自身が大変ですし担当する弁護士も苦労することになります。

法律を無視して勝手なことをする闇金ぽい人は、債務者側に法律知識がないことをいいことに色々勝手な論理で迫ってきますがそれに乗ってはいけません。あと差し押さえについてですが給与所得者ではなくて生活保護受給者でありますから、家財の差し押さえはないと思います。もちろん破産申請をすると破産管財人と人が入ります。その時にあなたがもし財産を車を持っていたり不動産などの資産があればそういったものは取られる可能性はあります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする