「生活保護給付金を差し押さえる」との闇金からの脅しは本当?

スポンサーリンク

生活保護費を差し押さえられますか

闇金に借金してその取り立てに苦しんでいます。私は現在生活保護を受給しています。闇金の人は生活保護をから返せと迫ってくるのですが生活保護費って借金返済に使っちゃいけませんよね。それに生活保護のお金がないと私はもう生きていけないので、そのお金を使うわけにいかないのです。しかし闇金の人は、会社なければ生活保護費を差し押さえしてやると入ってくるのですが生活保護費って最初されたりするのでしょうか?

生活保護は法律上差し押さえすることができないことになってます。なのでおそらくそれは闇金の人の勝手な脅し文句だと思いますよ。生活保護の受け取る銀行口座があると思うのですが、そこの銀行で借金している場合は注意が必要です。その場合生活保護で入ってきたお金と、その銀行が持っているあなたへの債権を相殺することができます。何でもし振込口座に借金があった場合、相殺されてしまう可能性ありますから、生活保護の給付金を受け取る銀行口座は、借金をしていない銀行の口座を指定する必要があると思います。

夫と離婚したあとに借金の返済が苦しい

私は2年半前に離婚しました。元旦那は養育費や慰謝料ともに全然振込をしてくれません。当然子供もいますのでいろんな方法で請求したのですが、夫はお金があれば払うがお金なんかないから払うことができない、の一点張りです。まだ法的な手続きをしていないです。なぜなら私は毎日生活のため、朝から晩まで仕事をしていて、元旦那を慰謝料や養育費を法的に払わせる手続きなどできる余裕がないからです。

数ヶ月前まで体を壊してしまい治療で仕事ができません。ですのでもと夫に対し手続きをして行こうと思い、弁護士に相談し始めました。元旦那は借金を置いていってしまい、私は自己破産をしています。しかし今ちょっとお金が必要になってしまいました。このように元旦那の借金を抱えかつ自己破産をしている私がどこかから借りることはできるのでしょうか?

自己破産をしている方なら、貸してくれる所は違法なところか、ありえない高利貸しです。それに保証人を要求されることでしょう。ブラックでも貸してくれるというところは間違いなく違法な闇金業者ですから注意してください。それに元旦那さんの残していた借金というのが気になります。ご主人の借金であればあなたに返済義務はないのではないですか?借金を置いていくということは、どういうことでしょうか保証人になってるということですか?もし自己破産されているの奈良生活保護を受けられたらどうでしょう。生活保護を受けることができれば医療費が無料になりますから今かかっている治療の費用は楽になりますよ。弁護士に相談して元のご主人に借金の半分払ってもらうように請求してもらったらどうでしょう。そして弁護士を通して生活保護を受けられるように手続きしてもらってください。病気で仕事ができないのであれば生活保護を受けられます。あるいは親や兄弟を頼るとかどうでしょうか?

親に頼られているがいつまで援助する必要がある?

体力がなく働くことができない父親から、もう貯金がないから養ってくれと頼られています。年金は月5万円ぐらいで、それだけではやっていけないと言われています。しかも借金があって、返済も頼むと言われています。今までは過払い金請求のお金はちょこちょこおろしてしていましたがもうそれもなくなってきて、頼るのは息子である私だけという状態です。今までも多少は援助してきましたが、これからは生活費全般をよろしく頼むと言われて困っています。私だって派遣会社で日雇いの仕事をしているくらいで、それほど余裕がないんです。区役所に相談に行きましたが、宿であっても働いている息子がいるということであれば生活保護を出せないと言われました。この世に親が死ぬまで金銭面での援助をしていかないといけないと思うと苦しいです。

面倒を見るのも良いですがまずは両親を自己破産させたりいかがでしょうか?今まで借金が残っていてご自身では返せないわけですよね借金が残ったままだと生活保護も受けられません。まず自己破産をさせること。その後に生活保護を申請させるようにしてください。区役所など民生委員の人からあなたに問い合わせくると思いますけど、初めての援助はするけれども金銭的なもうお金は援助できない、とはっきり伝えた方がいいです。

まずは息子さん同居なさってるようなので近くにアパートでも借りて別居されることは考えたられましたか?派遣会社が寮付きの仕事用意してくれますよね。そういった寮付きの仕事にとりあえず入って、ご自宅から出て別居されたらどうでしょうか。そうすると援助可能な同居の親族がいなくなるわけですから、ご両親の生活保護もおりやすくなるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする