生活保護が却下されたのでキャッシングしたい

スポンサーリンク

生活保護が却下されたのでキャッシング

生活に困っていて市役所の方に生活保護を申請しましたがなかなか認めてもらえません。でも本当に生活に困ってしまい、キャッシングをして生活しています。現在はソフト闇金といったところでしか借りることができなくなってしまいました。ソフト闇金に借りた5万円が利子がどんどん膨らみもう返せないぐらい大きくなってしまい、このままだと生活ができないですし借金も返せないです。

役所にはいろんな担当者がいます。再度何度も足を運んで生活が苦しいことを訴え続けてください。役所は税金から生活保護を支給しているので、簡単に生活保護費を誰にでも渡すわけにいかないです。一方、本当に生活に困っている市民からの申請は、審査しないまま勝手に却下することもできないはず。なので通帳の残高、未払の請求書などをめられるだけ集めて市役所に持っていきどれだけ困っているかということを粘り強く主張してください。そして申請に行った日の日付や担当者の名前はちゃんと記録に残しておきましょう。できれば録音させて下さいと言って、録音させてもらうのもいいです。

よくあることですが役所の窓口で担当者が、あなたは生活保護を受けられませんよ、後と口頭で言われることがあります。でもこれは正式な生活保護の申請却下ではなく、ただの担当者の見解です。知識がないとこういった担当者のただの発言を正式な却下だと勘違いして申請を諦めてしまう人が多いです。もちろん自治体の生活保護受給者が増えすぎるのを止めるために、各自治体の窓口の人は安易に生活保護を受給できますよとは言わないです。なので、担当者の人から口頭で受給できないと言われても、そうですかと引き下がらずにきちんと文書で申請をして文書で返事をもらうようにしましょう。

もしそれでも生活保護の申請が却下されたら、もう後は弁護士に相談するのがいいですよ。ソフトヤミ金とか言いますが結局ヤミ金ですから、返せないまま放置しておくとどんどん利息が膨らんで、放っておけば脅迫じみた取り立てのせいで精神を病むことになります。弁護士の相談料はだいたい5000円から1万円ぐらいですが、事務所によって無料相談を受け付けてることがあります。親切な弁護士事務所だと生活保護の申請に弁護士が同伴してくれることがあります。弁護士は法律の知識もありますし、借金の問題も生活保護の受給の問題も、総合的に助言してくれます。相談料はかかりますが、弁護士相談費用の立替払い仕組みを持つ事務所もありまよ。

臨時収入があった場合の生活保護申請

現在仕事ができておらず生活保護を申請したいと思っています。しかし数週間後に今の会社の退職金が50万円くらい入ります。これで収入はゼロになるわけですが、実は以前ちょうど銀行から50万借り入れをしているので、このお金を借金の返済に使おうと思ってます。私が生活保護の給付金で借金は返済できないですよね?しかしこの場合は生活保護の給付金からお金を返すわけじゃなく、自分の退職金でお金を返すわけですから問題はないと思うのですがどうでしょう。あるいは今申請するのではなく、借金を全て返し終わって銀行に残高がゼロになった状態で生活保護の申請をした方がいいかな?と思っているのですが。

今生活保護の申請をしてしまうと、審査が通ったとしてもその後に50万の収入が入れば、それで保護廃止になってしまいます。なので一旦退職金が入って、そのお金を借金返済に回し通帳口座の残高をゼロにしてから、働いてもおらず生活費もゼロという証拠を持って生活保護の申請に行くのがおすすめです。そうしないと二度手間になってしまい、効率が悪いです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする