生活 保護 即日 無職 24 時間 融資一覧

生活保護が却下されたのでキャッシングしたい

生活保護が却下されたのでキャッシング

生活に困っていて市役所の方に生活保護を申請しましたがなかなか認めてもらえません。でも本当に生活に困ってしまい、キャッシングをして生活しています。現在はソフト闇金といったところでしか借りることができなくなってしまいました。ソフト闇金に借りた5万円が利子がどんどん膨らみもう返せないぐらい大きくなってしまい、このままだと生活ができないですし借金も返せないです。

役所にはいろんな担当者がいます。再度何度も足を運んで生活が苦しいことを訴え続けてください。役所は税金から生活保護を支給しているので、簡単に生活保護費を誰にでも渡すわけにいかないです。一方、本当に生活に困っている市民からの申請は、審査しないまま勝手に却下することもできないはず。なので通帳の残高、未払の請求書などをめられるだけ集めて市役所に持っていきどれだけ困っているかということを粘り強く主張してください。そして申請に行った日の日付や担当者の名前はちゃんと記録に残しておきましょう。できれば録音させて下さいと言って、録音させてもらうのもいいです。

よくあることですが役所の窓口で担当者が、あなたは生活保護を受けられませんよ、後と口頭で言われることがあります。でもこれは正式な生活保護の申請却下ではなく、ただの担当者の見解です。知識がないとこういった担当者のただの発言を正式な却下だと勘違いして申請を諦めてしまう人が多いです。もちろん自治体の生活保護受給者が増えすぎるのを止めるために、各自治体の窓口の人は安易に生活保護を受給できますよとは言わないです。なので、担当者の人から口頭で受給できないと言われても、そうですかと引き下がらずにきちんと文書で申請をして文書で返事をもらうようにしましょう。

もしそれでも生活保護の申請が却下されたら、もう後は弁護士に相談するのがいいですよ。ソフトヤミ金とか言いますが結局ヤミ金ですから、返せないまま放置しておくとどんどん利息が膨らんで、放っておけば脅迫じみた取り立てのせいで精神を病むことになります。弁護士の相談料はだいたい5000円から1万円ぐらいですが、事務所によって無料相談を受け付けてることがあります。親切な弁護士事務所だと生活保護の申請に弁護士が同伴してくれることがあります。弁護士は法律の知識もありますし、借金の問題も生活保護の受給の問題も、総合的に助言してくれます。相談料はかかりますが、弁護士相談費用の立替払い仕組みを持つ事務所もありまよ。

臨時収入があった場合の生活保護申請

現在仕事ができておらず生活保護を申請したいと思っています。しかし数週間後に今の会社の退職金が50万円くらい入ります。これで収入はゼロになるわけですが、実は以前ちょうど銀行から50万借り入れをしているので、このお金を借金の返済に使おうと思ってます。私が生活保護の給付金で借金は返済できないですよね?しかしこの場合は生活保護の給付金からお金を返すわけじゃなく、自分の退職金でお金を返すわけですから問題はないと思うのですがどうでしょう。あるいは今申請するのではなく、借金を全て返し終わって銀行に残高がゼロになった状態で生活保護の申請をした方がいいかな?と思っているのですが。

今生活保護の申請をしてしまうと、審査が通ったとしてもその後に50万の収入が入れば、それで保護廃止になってしまいます。なので一旦退職金が入って、そのお金を借金返済に回し通帳口座の残高をゼロにしてから、働いてもおらず生活費もゼロという証拠を持って生活保護の申請に行くのがおすすめです。そうしないと二度手間になってしまい、効率が悪いです。


「生活保護給付金を差し押さえる」との闇金からの脅しは本当?

生活保護費を差し押さえられますか

闇金に借金してその取り立てに苦しんでいます。私は現在生活保護を受給しています。闇金の人は生活保護をから返せと迫ってくるのですが生活保護費って借金返済に使っちゃいけませんよね。それに生活保護のお金がないと私はもう生きていけないので、そのお金を使うわけにいかないのです。しかし闇金の人は、会社なければ生活保護費を差し押さえしてやると入ってくるのですが生活保護費って最初されたりするのでしょうか?

生活保護は法律上差し押さえすることができないことになってます。なのでおそらくそれは闇金の人の勝手な脅し文句だと思いますよ。生活保護の受け取る銀行口座があると思うのですが、そこの銀行で借金している場合は注意が必要です。その場合生活保護で入ってきたお金と、その銀行が持っているあなたへの債権を相殺することができます。何でもし振込口座に借金があった場合、相殺されてしまう可能性ありますから、生活保護の給付金を受け取る銀行口座は、借金をしていない銀行の口座を指定する必要があると思います。

夫と離婚したあとに借金の返済が苦しい

私は2年半前に離婚しました。元旦那は養育費や慰謝料ともに全然振込をしてくれません。当然子供もいますのでいろんな方法で請求したのですが、夫はお金があれば払うがお金なんかないから払うことができない、の一点張りです。まだ法的な手続きをしていないです。なぜなら私は毎日生活のため、朝から晩まで仕事をしていて、元旦那を慰謝料や養育費を法的に払わせる手続きなどできる余裕がないからです。

数ヶ月前まで体を壊してしまい治療で仕事ができません。ですのでもと夫に対し手続きをして行こうと思い、弁護士に相談し始めました。元旦那は借金を置いていってしまい、私は自己破産をしています。しかし今ちょっとお金が必要になってしまいました。このように元旦那の借金を抱えかつ自己破産をしている私がどこかから借りることはできるのでしょうか?

自己破産をしている方なら、貸してくれる所は違法なところか、ありえない高利貸しです。それに保証人を要求されることでしょう。ブラックでも貸してくれるというところは間違いなく違法な闇金業者ですから注意してください。それに元旦那さんの残していた借金というのが気になります。ご主人の借金であればあなたに返済義務はないのではないですか?借金を置いていくということは、どういうことでしょうか保証人になってるということですか?もし自己破産されているの奈良生活保護を受けられたらどうでしょう。生活保護を受けることができれば医療費が無料になりますから今かかっている治療の費用は楽になりますよ。弁護士に相談して元のご主人に借金の半分払ってもらうように請求してもらったらどうでしょう。そして弁護士を通して生活保護を受けられるように手続きしてもらってください。病気で仕事ができないのであれば生活保護を受けられます。あるいは親や兄弟を頼るとかどうでしょうか?

親に頼られているがいつまで援助する必要がある?

体力がなく働くことができない父親から、もう貯金がないから養ってくれと頼られています。年金は月5万円ぐらいで、それだけではやっていけないと言われています。しかも借金があって、返済も頼むと言われています。今までは過払い金請求のお金はちょこちょこおろしてしていましたがもうそれもなくなってきて、頼るのは息子である私だけという状態です。今までも多少は援助してきましたが、これからは生活費全般をよろしく頼むと言われて困っています。私だって派遣会社で日雇いの仕事をしているくらいで、それほど余裕がないんです。区役所に相談に行きましたが、宿であっても働いている息子がいるということであれば生活保護を出せないと言われました。この世に親が死ぬまで金銭面での援助をしていかないといけないと思うと苦しいです。

面倒を見るのも良いですがまずは両親を自己破産させたりいかがでしょうか?今まで借金が残っていてご自身では返せないわけですよね借金が残ったままだと生活保護も受けられません。まず自己破産をさせること。その後に生活保護を申請させるようにしてください。区役所など民生委員の人からあなたに問い合わせくると思いますけど、初めての援助はするけれども金銭的なもうお金は援助できない、とはっきり伝えた方がいいです。

まずは息子さん同居なさってるようなので近くにアパートでも借りて別居されることは考えたられましたか?派遣会社が寮付きの仕事用意してくれますよね。そういった寮付きの仕事にとりあえず入って、ご自宅から出て別居されたらどうでしょうか。そうすると援助可能な同居の親族がいなくなるわけですから、ご両親の生活保護もおりやすくなるんじゃないでしょうか。


自己破産までの街金、闇金からの督促

自己破産までの街金、闇金からの督促

今から10年くらい前いろんな消費者金融から借金を繰り返してきました。当然ですが支払いが出来なくなってしまいまして、いわゆる取り立て屋という人達からの脅迫じみた取り立てを受け続けてきました。本当に怖くて、自宅を転々とするような引っ越し生活を、余儀なくされました。

一時期は督促が止んだのですけど、先日、私がお金を借りている金融会社から手紙が届きました。その内容がとても怖かったので、書かれていた電話番号に電話をしてしまいました。そして実際に債務があることを口頭で認めました。おそらく、録音されていると思います。

その後は月々少しずつではありますがお金を返し続けていたところ、うつ病がひどくなり、働けなくなって生活保護を受ける状態となりました。生活保護借金返済に使ってはいけないですよね。なので借金の支払いには使っていません。手紙が来た時に時効の話などを全然知らなかったので、金融会社の口に乗らされ債務を認めてしまいましたが借金をしたのはそもそも10年くらい前なので時効になってるのではないかと思うのです。

先日また内容証明の手紙が自宅に届きました。そして自宅に取り立て家的な人がまたやってきて、家の中に入ってきて、会社の本社の方に電話をかけさせられました。生活保護を受けていて精神障害者の認定を受けているためお金は返せないと話しました。それと本社の人は丁寧な話し方で、「担当者がまたご連絡いたしますからお待ちください」と言っていましたが、その後特に電話も手紙も来ていません。自己破産の手続きが必要なので弁護士さんを紹介してもらって相談をしております。私はこれからまた取り立てが続くのがとても強いので弁護士の先生にられたり電話が来た時はどう対処すればいいのですか?と聞いたのですが、今弁護士に自分任せてるから、家には来ないでくれと言い張るしかないですよと言われました。

法律扶助という認可をお願いしてるのですがこれが降りるまでどのくらい時間かかりますか?弁護士の言う通りもし取り立て屋がまた来たら、今弁護士に任せているというだけでいいのでしょうか。また今精神障害者のため、生活保護を受けているんですけども、差し押さえとかの手続きを金融会社にされてしまうと困るんです。それも弁護士に依頼してるからという一本張りでなんとかなるもんなんでしょうか?

自己破産を計画されてるのであれば弁護士さんにもう一度きちんと説明を受けた方がいいですよ。弁護士がいるとはいえ、弁護士に任せているというだけではダメだと思います。自己破産の手続きでは裁判所に行ってあなたが裁判官と面接をしないといけないです。弁護士が受理票を金融会社に送ったというだけでは借金がチャラになったというわけではないです。

あくまで自己破産が認められ免責が決まってからでないと、借金が免責になったというわけじゃないです。ただ弁護士さんが自己破産の手続きをしてる最中に金などの取り立て屋から脅迫された場合はあさん申請をしている最中、弁護士に全部任せている、としか答えられないと思います。これは、弁護士さんの言う通りだと思います。自宅に来て何かを叩くとかあにもひどい取り立てがあった場合は警察に申し出るという方法もあります。

警察は借金を取り立てる行為を完全に辞めさせることできませんが、その時の暴力行為や暴言行為を仲介してくれるのであまり強い時は警察に相談してもいいと思います。取り立ての人に自分で勝手に話をするとトラブルの元になりますから、これからは注意された方がいいです。取り立ての人は押しながら自分たちに都合のいい証拠を作ろうとどこかに電話しろとか何か証明書を書けとか迫ってくることがありますが、こういったことを自分の判断で勝手に行うと、後でご自身が大変ですし担当する弁護士も苦労することになります。

法律を無視して勝手なことをする闇金ぽい人は、債務者側に法律知識がないことをいいことに色々勝手な論理で迫ってきますがそれに乗ってはいけません。あと差し押さえについてですが給与所得者ではなくて生活保護受給者でありますから、家財の差し押さえはないと思います。もちろん破産申請をすると破産管財人と人が入ります。その時にあなたがもし財産を車を持っていたり不動産などの資産があればそういったものは取られる可能性はあります。


無職生活保護で、家賃を払えなくなっている場合

無職生活保護で、家賃を払えなくなっている

私の家族が2ヶ月入院して、その間私のその家族の働くことができず、医療費もかさみ、家賃を全然払えなくなってしまいました。現在カード支払い滞納しているので、退去命令も出ています。さらにスーパー系のクレジットカード会社から借金をしています。不動産会社さんと債権者から住居の明け渡しを厳しく言われています。我々家族が悪いので仕方がないことなのですが、現在無職で全く収入がありませんので引っ越しすることも、新しい住居も見つけることもできないです。他にみよりはなく友人もいないため引っ越しを手伝ってくれたり仮住まいを提供してくれる知人もおりません。情けないことですが本当に孤立していてお金もなく行くあてもなくどこからも誰からもお金も借りられない状態です。鮭については月々少しずつ払って行くと言っているのですがなかなか許してもらえないです。早く対応しないと裁判所から引き渡し命令強制的に退去してもらうと言われ困っています。さらに今月末までに今までの滞納してきた家賃を全て払わないと、家の中にある家財全てを持っていくとも言われています。どう対応していいのか分かりません。自業自得だというのは分かっているんですが、本当に困っています。自己破産を捨て生活保護を受けようかなと思っているのですが。。。

このような形の場合まず市役所、福祉事務所に相談したほうがいいと思います。ご家族が入院してらっしゃるんですよね?そしてその関係でご家族もあなたも働きに行けないということであれば、生活保護を受けることができるかもしれません。生活保護を受けている人のための安い住宅もありますよ。また借金があるということですが、どこからどのように借りたのか、あるいは借りている期間がどのぐらいなのかによって、貸して利息などを過払いしてる可能性もあります。これらも弁護士さんに相談するか市役所のそうだなので確認するといいと思います。債務整理しながら過払い金を取り戻し、自己破産をして、生活保護を受け始めるばあなたが大家族の生活は一息つけると思いますよ。当面のお金がないからと言って、サラ金とか闇金に借りてはいけません。少しであれば福祉事務所で少額貸付してもらえます。そういった安全な布を利用しましょう。自己破産すると借金が免責してもらえるので楽にはなりますがもしかしたら借金の金額によっては自己破産するほどの状態ではないかもですね。

闇金の取り立てが怖い

2年前に自己破産をしました。そして今は生活保護を受給しています。生活そのものは生活保護の費用でまかなっているのですがどうしても金が必要な出来事があってやむを得ず闇金から15万円ぐらい借りました。細々と返していたのですが利子が膨らみ返せなくなってしまい、取り立てに今悩んでいます。とてもありえないような厳しい取り立てです。

週に8000円くらいの利息をずっと払ってきたのですけど、生活保護の受給額が減らされてしまいまして、滞納が続きました。そうすると毎日のように闇金から電話がかかってきて、返せないんだったら、金貸しから借りて生活保護から返してるってことを役所にばらすぞ!と脅迫されています。もしお金借りてることがバレちゃったら生活保護は受給停止になるかもしれません。もう自分が悪いことわかってるのですが生活保護が止まったらもう生きていけないです。毎日借金返済のことばかりを考えているのですが精神的に参ってしまいました。どうしたらいいでしょうか?

相手はあなたが生活保護受給者なのに借金してることを役所にばらすと言っているのですね。それについてはどうぞバラしてくださいとお伝えなったらいいですよ。闇金は違法業者ですから、役所に何か連絡すると言ったことは脅し文句であって本当にはできません。後弁護士さんの無料相談を利用されたらいかがでしょうか?法テラスというところは無料相談の窓口があります。またウェブサイトにも厳しいよ闇金の取り立ての対処法が書かれているので一度読んでみてください。


無職で自己破産、生活保護中での賃貸契約

無職で自己破産、生活保護中での賃貸契約

私は無職です。そして去年自己破産をしました。さらに精神障害を抱えていますし、生活保護受給中でもあります。仕事を探しているのですがなかなか障害の状態が良くならず、日によって軽い日もあれば、重い日もあるため安定した収入が得られないような状態です。自己破産した訳なんですが、上記のような状態でなかなか働きに行けないため、生活費をクレジットカードからキャッシングし、さらに消費者金融からもお金を借りて毎日を過ごしていましたが、なかなか求職活動もうまくいかず、障害の状態も悪くなってしまったため返せなくなりました。

そのためやむを得ず面積も含めた自己破産をして、同時に生活保護の受給手続きも行ってもらいました。すべて弁護士の願いしたところどちらも受理され、本当に助かっています。ケースワーカーさんの支援によって後は就職活動をして、派遣でも日雇いでもなんでもいいからとにかく収入が得られるように活動しているところです。しかしやはり今住んでるところが住居扶助の上限であるため、どこか別のところに引っ越す必要があると言われています。就職が決まっていないための費用から払うことができるなら、今住んでるところでもしばらくは待ってもらえるということなのですが、やはりこのままずっとここに住んでいるわけにいかないです。

早めに引っ越しをして住居費含めた家計を整えないといけないです。住居も落ち着けば就職活動も進むのではないかと思っています。引っ越しのお金については、ある程度は援助してもらえるということです。なのでお金については何とかなりそうだということ、そして生活保護の費用についてもきちんと就職ができればできるだけコツコツお返してきたいと思っています。しかし現在無職で自己破産をしていてさらに生活保護の受給者である自分が、賃貸契約が結べるのか不安です。保証人は田舎に住む私の父がなってくれると思います。年金生活者ではありますが一応に中に小さな土地があるのでそれを担保にでもと考えてはおります。担当のケースワーカーさんは、現在無職だし生活保護を受けていると借りられないかもしれない、と言われています。しかしこれから自立していかなければいけないので何とか賃貸契約ができるとありがたいです。もちろん公営住宅にも当たってみたいのですが、公営住宅に入りたい人とても多いので、大体抽選で入れるか入れないかが決まる、そして当たるのはとても確率が低い、ということらしいです。なので公営住宅をあてにするよりも、生活保護を受給していても貸してもらえる不動産会社を探し、そこで紹介してもらえるようにした方が良いとも言われています。あんしん賃貸支援事業、というのにも興味があり活用を考えています。私のような場合生活保護を受けていても貸してもらえる不動産業者を探す方がいいか、あれはまだ就職を決めて収入がいられるようになってから賃貸物件を探した方が良いか、どちらが良いのでしょうか。

現在就職活動に非常に難航されていると思われます。そうなると、就職活動が成功して安定収入を得てから転居となると、非常に先行き不透明ですし、いつになるかわからないまま頑張り続けるのは心の安定にも良くありませんよね。ですからまずは生活保護を受給していると言う状態のまま借りられる住居を探された方がいいのかもしれません。

契約の際にご自身の精神的な障害のことや、過去の自己破産経験などを、話す必要ないのではないでしょうか。もちろん生活保護を受けてる人は、物件を探すのに多少不利になると思います。でも結構まだ空いているアパートってありまして、空き室のまま放置するよりも、誰かに入居してもらった方が良いと考えているやぬしもいます。たとえ安定収入がある人が入居したとしても、その人が失業して家賃を入れてくれないとうリスクがあるわけですから、それよりはしっかりと生活保護を受けているという人の方がある意味安定収入があるために、むしろ生活保護受給者を今日させたいと思っている家主もいるそうです。

家賃を住宅扶助の範囲内に下げて、生活保護受給者を優先的に入れようとしている不動産経営者もちらほらいます。生活保護受給者で一番怖いのは、周りの居住者とトラブルになったり、大家さんを困らせるような生活態度の人がいることです。ですから住人トラブルもなく、生活態度も相当悪い人でないのであれば、保護受給者であっても貸してくれる可能性はありますよ。お役所でこういったこと相談してもいいですが、部署によって違ったり、担当者によって回答がバラバラだったりしてどうしたらいいのかわからないこともありますよね。相談支援事業所、という相談部署は、就職のことや住居のこと、病気のことなど総合的に相談乗ってくれますので、一度聞いてみたらいかがでしょうか。


生活保護を受けながらのネット口座開設

生活保護を受けながらネット口座を開設

私は生活保護を受けています。以前脳梗塞で生死をさまよったことがあり、ある程度回復していますが、半身麻痺が残っているため仕事をすることが難しいです。ただ自宅で内職みたいな仕事はやろうと思えばできるという状態です。今少し迷ってるのは格安 SIM 購入をしたいことと Yahoo ウォレットを使いたいためにジャパネットbkデビットカードの契約をする必要があり申請をする予定なんですけど職業の欄にどう書くか。生活保護、あるいは無職と書けばいいんだろうと思うのですが、以前楽天銀行申し込んだ時に無職と書いたらカードが発行されなかった経験がありますので、今回は無職と書かない方がいいのかな?生活保護と書いてしまってもいいのかどうかよくわからず。
クレジットカードは信用というのがベースにある契約ですよね。なので無職の方はクレジットカードで買い物をされた後どう返せるかがわからない人になりますから、無職と書いて審査が通るとは思えないです。生活保護は最低限の生活ができるぐらいの援助を、税金の中から捻出してもらってるということですね。ですから商売する資金に回したりするのはできないはずです。生活保護と書いて審査を通す口座もあるかもしれませんね。それはその会社の制度の問題であって一般的な規則ではないので、その会社に聞いてみるのが一番いいと思います。
カード会社は一般企業ですから営利目的でクレジットカードなの発行してると思います。生活保護を受けている人にカード発行できないのは当然のことかと思います。格安 SIM の利用は諦めた方がいいのでは?あるいは現金払いができる違う業者の格安 SIM を扱ってる会社を探されたらどうでしょうか。プリペイドの格安 SIM などもありますよ。

過払い請求する時に生活保護を受けていたら?

私は以前の借金の返済についての過払い請求しようと思っています。詳しく弁護士さんに行く予定ではいますが過払い請求する時に生活保護を受けていると不利ですか?自分の職業状態が結果に影響するかもしれないと思うととても不安です。あなたは今無職で生活保護を受けているから過払い請求ができないとか、着いたことはありませんよね。
過払い請求をしようとするときのご本人の職業の状態や収入の有無は全く関係ありません。自己破産をしていたとしても過払い請求に不利になるとかそういうことはありません。しかし過払い請求したことは信用情報には乗ります。なのでそれ以降5年間はどこかからお金を借りるのは難しくなると思います。過払い請求はご自身の権利を行使するという法律行為です。好意と行為はどのような状態の人であっても平等に認められています。ですから裁判を起こす権利は、生活保護受給者であっても平等に持っているということです。ただその裁判をした結果、和解をして過払いの利子が戻ってきた場合には、それは収入になるわけですから受けているのであれば市役所の方に届ける必要があると思います。あれが自己破産の手続き中であれば裁判所経由で報告しないといけないと思います。

保証人なく借りれる賃貸マンションは?

私はフリーターで、安定収入と言える収入はないです。確定申告もしておらず収入証明書がありません。ですが都内で賃貸マンションに住みたいと思っていますが貸してもらえるものでしょうか?ちなみに父親が年金生活者で保証人としての資質はないと思います。財産もありません借金はありますが。弟が一人いますが学生です。

保証会社を使うことで不動産を貸してくれる業者いますよ。保証会社を使えば入れる物件を探し、それを扱ってる不動産業者に聞いてみるといいです。そして申し込みをして審査受けるしかないです。審査が通るか通らない彼はその保証会社によるのでやはり受けてみないとわからないです。保証会社はあるてる収入があれば給与明細とかそういった資料でもいいはず。まったくの無職だと難しいかもしれませんがフリーターであっても働いてるのであれば可能性はなくはないですよ。あるいは都内なら UR 住宅はどうでしょう?UR 住宅は保証人なしで入れるところがあります。基準としては家賃の3倍から4倍ぐらいの月収が必要になるはずですが、手数料や税金などの必要ありません。しかし空いてる部屋が少なくて、いいところが見つかったとしても人気があるために抽選になったりします。さらにどの辺りに住宅あるかどうかは不動産の店舗に行かないと教えてもらえないっていうこともあります。保証人がいないけど賃貸を借りたいと言う人いっぱいますから、恥ずかしがらずに不動産の業者さんに聞くのが一番です。保証人は年金生活者でもいいと言ってくれる業者もあるみたいですよ。ただ借りる本人が嫌がられるために、源泉徴収票課納税証明書を見せてくれと言われることが多いと思います。保証人の確保よりも収入証明をどう作るかを考えた方がいいのでは?今年からはしっかり確定申告をして手に入れておくといいでしょうね。


生活保護を受給することと自己破産すること

生活保護を受給することと自己破産すること

今私が働いている会社が倒産してしまいました。私の会社の社長が自己破産をしたような場合、仕入先とかに支払いが残っている場合は、債権の回収をする会社から督促されるのでしょうか?あるいはもし督促されるどうしても生活保護を受けていた場合はどうなるのでしょうか。社長は病気ですし財産もありません。年金生活の状態。家族が別居している息子がいるようですがその人もほぼニート状態で借金を返せるような人ではありません。社長は離婚していて家族もおらず思ってる状態ですので経理担当である私が何らかの手続きをしています。ほとほと困っています。なぜこんなことを私がしなきゃいけないのかと思ってるんですが勤めた会社ですし社長の今の状態が不憫で仕方がありませんので手伝っています。とりあえず社長を自己破産不正生活保護の申請をして別の会社に就職する予定でいますが、取引先への支払いはどうするのかを今考えているところです。

会社が持っている借金はおそらく社長が連帯保証人になってるのじゃないでしょうか。会社に対する売掛金はもし会社が倒産して支払いができなくなった場合は連帯保証人になっている人にされる可能性はあります。しかしたとえそんな場合であっても代表である社長が生活保護の申請をしているということであれば、取り立てをしても仕方がありませんから普通は倒産と共に売掛金は諦めると言う債権者が多いと思います。
その社長さんに息子さんがいるということのようですが息子さんに借金を請求するとなると息子さんが連帯保証人になっていないといけないです。たとえ息子さんがいらしても連帯保証人になっていないのであれば会社の債務を息子さんが支払わなけれならないという法的責任はありません。なので息子さんに厳しい取り立てが行くということはないと思われます。あなたも賃金は未払なんじゃないですか。いくら働いてもあなたのお金が払われることはないのであれば、早めに別の仕事見つけられた方がいいですよ。

生活に困窮していてどこでもいいからお金を借りたい

私は現在病気を患っており治療費がとてもかかります。さらに会社に出勤できる日がとても少なく、有給休暇も全部使ってしまい、給料もとても少ないです。今は銀行、消費者金融からキャッシングを繰り返しており、その一部が返済できておらず長期延滞の状態。おそらくかなりブラックという信用情報になってると思います。生活費が本当になくて、病院に行くバス代すら捻出できないくらいなのです。本当に今からでも、1000円でもいいから借りたいです。闇金から借りるしかないかなと思ってるんですが他の方法はあるのでしょうか?

闇金に借りるほどの生活困窮の状態であれば、まずは生活保護の申請をしされたらどうでしょうか?闇金は本当に強いという噂を聞きますよ。例えば3万円しか借りていないのに、利子がついたと言って毎日毎日督促され返して迎えしても完済扱いにならずだってもまだ借金が残っているという人もいるんです。これまたうまい具合に完済する寸前にあともう1万円貸してやるとか言って言葉に騙されてまた借りてしまうと、そこに利子がついたとか言って何度も督促に来るみたいです。

あるいは友達と称してお金を貸し、そしてありえないくらい高い金利を巻き上げられるというケースです。ですから闇金でお金を借りて一時しのぎをするよりも、どうせ一時しのぎであれば生活保護を申請し治るまでは生活保護を受けながら治療をしたほうがいいと思います。また病気で働けない人に生活費を少額貸してくれる制度が、各自治体にあると思います。理絵に相談するよりまず市役所などにある無料相談を利用して、色々聞いてみるといいです。お金がないと思考停止しやすいですよね。切羽詰まって不利な選択をしてしまいがちですから、今はまずなんとか手に入れようとするより、市町村や身内友人を頼った方がいいですよ。


生活保護受給者が闇金からお金を借りた場合

生活保護受給者が闇金からお金を借りた場合

息子のことですが、本当に困った子で大学を中退してから多重債務者になりました。たくさんのクレジットカードを作りキャッシング、リボ払いショッピングを繰り返し、車を買ったり、遊興費に使ったりして気が付くと数百万円の借金を背負っていました。家の物を勝手に盗んでいきますし父親の財布からお金を取っていくことも頻繁にあります。父親のコネでやっと入社させた職場において、3回にわたって職場のお金を盗み、クビになりました。我々両親もひどい態度に限界が来て出て行けと放り出しました。しばらく音信不通であったのですが、お金をたくさん借りたらしく、生活が出来なくなったと言って先日家に帰ってきました。母親である私は病院の看護師ではありましたが闇金からの督促電話がひどく仕事にいきづらくなりついには退職になりました。父親の職場にもヤミ金からの督促が頻繁にかかってくるようになりました。自宅はもちろん近所にも知れ渡るほどの激しい督促でしています。

もう限界なので弁護士さんに相談しての対策をしようと思っています。それで弁護士に相談して、この息子は見放されたということでどこかのアパートを借りさせ生活保護受給させようかということになっています。しかしよく調べると生活保護を受給している人は闇金の業者には狙われやすいと聞きました。例えば生活保護受給者カードを担保にすればお金が借りられるとか、生活保護は役所から現金で支給されますから、至急便闇金の人間が本人を連れてそこに行き支給された現金をそのまま取られてしまうといったような、お金を貸して生活保護費をふんだくって行くと言う、悪質な闇金もいると聞きました。もし返済ができないのであれば、強制的に労働させられたり、違法な活動の手足にさせられたりといったこともあると。もちろんこれは闇金に対する勝手な妄想なので真実でない部分もあるかもしれませんが、私が心配してるのは、馬鹿な息子は生活保護受給者であることを利用してまた闇金から金を借りて、どうしようもなくなることがありそうなのです。あるいは生活保護受給者であることを内緒にして、家族の情報を担保に金を借りたり、そういったことが起きないかも心配です。

一般的な話ですがお金を借りたとしてもたとえ親子や兄弟であっても借りた人以外に支払いの督促は運動してはいけないのです。ご両親の職場に電話をかけたりご近所迷惑になるほど督促の活動するのは、もうそれがそのまま法律違反です。まずは弁護士に相談なさっているのであれば弁護士から闇金に連絡してもらって、本人以外に督促をすることを絶対禁止するように依頼なさったらどうでしょうか。弁護士の名で通知が行けばある程度まともなところであれば督促はやめるはずです。

とはいえ、闇金のやり方はいろいろあります。本人が一人暮らしをすることになれば本人宛にお金を貸しますと言った案内をたくさん送り、融資を持ちかけ、生活保護受給しているならあなたが心配されているように受給日に同伴して支給された生活保護費を全部奪っていくようなこともあると思います。闇金業者さんは借りる本人の自宅、実家の住所、本人の連絡先さえわかればたとえ高額でも貸してくれるところが大半です。なぜなら例えを高額であってもそれ以上の利息をふんだくる技術があるからです。

闇金からお金を借りてお金を返せなくなったら

生活保護費受給してる人が闇金からお金を借りてお金を返せなくなったらどうなっていくのでしょうか?
私の知り合いで生活保護でもらったお金を全部言う拒否で使ってしまう人がいます。それでも足りなくて闇金からお金を借りました。当然ですが全く返済できなくなりました。この人は、誰かから弁護士に相談すればお金を返さなくて済むようになる、という情報を聞いて本気にしていますが、弁護士に相談するだけでそんな借金がチャラになるのことはあるのでしょうか?弁護士費用だってかかるはずなのになんだかそのからくりがよく分かりません。その人は飲み屋みたいなところでバイトもしてるし、そこの常連の彼氏みたいな人に月々10万円ぐらいお金をもらっているんです。仕事もしてるし彼氏お金をもらってるのであれば、申告しないといけないですよね。
日雇いみたいなバイトや知り合いからお金もらうというのは、役所に申告しなければ、そしてバレなければ生活保護はそのまま受給し続けることができます。でも要するに不正受給ですから違法行為ですよね。後消費者金融に限らず、お金を借りてる人は生活保護は受けられないはずです。というより生活保護を受けることはできても、生活保護区というのは最低限の生活を維持するために支給されるものであって、そのお金を借金返済に使ってはいけないということだと思います。返せないということであれば自己破産という方向になっていくでしょうね。この形がおっしゃっているのは弁護士に相談して自己破産手続きをし、手続きが完了すれば借金を返済しなくてよくなるということだと思います。


生活保護受給者が融資を受けたいとき

生活保護を受けている人は、お金を借りてはいけない?

生活保護を受けている人は、お金を借りてはいけないのでしたっけ?生活保護を受給しようか迷っていますがお金を借りたい時どうしたらいいのか不安です。私はカードローンとかリボ払いのショッピングなどをよく利用する人間でして、生活保護を受けてしまうとそういったサービスが受けられなくなるということを聞いたことがあるのですが本当でしょうか?そう考えると生活保護にあまりメリットがないように思うのですが。生活保護を受けるメリットとデメリット、ちょっと整理したいと思っています。

生活保護を受けるメリットといえば、当然働いていないのにお金がもらえる、生活保護してもらえるということですよね。後現金以外で医療費が扶助されたり。生活保護を受けていると今できないというデメリットはありますね。生活保護は私たちが日常の生活を、最低限人間らしく送るための費用を負担してくれるというものですから、遊興費やショッピングなどで借金をしたり住宅ローンを組んだりカーローンなどを自由に組めるということになってしまい、その返済に生活保護費を当てようということであれば、生活保護受給者の生活は圧迫されてしまうことでしょう。さらに生活保護の人が自由に借金できるとなれば、そしてその借金の返済として生活保護費を当てていいということになれば、多くの人が生活保護を受給したいと思うことでしょう。さらに生活保護の費用から住宅ローンを払うということになってしまうと、住宅という個人資産をということになりますよね。それって住宅ローンを支払いながら生活保護を受けるというのは制度上矛盾する行いになります。

生活保護を受け始めたら今まで持っていた借金が帳消しになるというわけではないです。ですから今までに借金がたくさんあるとか支払いが困難になってるということで生活保護を受けたいのであれば、自己破産などをしてきちんと今までの負債額をクリアにしてから、生活保護を受給することになります。もし生活保護を受けている最中にどこからからキャッシングなどして借金をした場合は必ず役所の方に申告しないといけないです。そうすると次の月の生活保護の費用から、差し引かれて残った分が支給されるはずです。

もしも借金したことを役所に申告せずにおいてそれがバレてしまった場合は、生活保護の法律違反となります。厳密に言えば違法行為ということになりますし、悪質だと判断されれば生活保護が次の月ぐらいから支給停止になる可能性があります。生活保護を受けている人がお金借りたい時に使えるのが、社会福祉協議会の生業資金の貸付、それとつなぎ貸付資金、この二つだったと思います。後生活保護を受けてしまうとデメリットとして、国外に長い間不在する場合に役所に申告しないといけません。それに海外で滞在している間、生活保護は受けられません。生活保護費は国内での生活を保護するためと言う制度だからです。

無職でお金がない、生活費がない

今現在家賃を3ヶ月滞納しています。それに健康保険も半年以上、住民税もかなり滞納しています。病気療養中で入退院を繰り返しています。一時的に退院している日に派遣やバイトで日銭を稼いでいますが、病気の症状が重くなり雇ってくれる会社も少なくなってきました。最近では派遣会社も私に仕事を回してくれないのです。なので現在失業中です。クレジットカードもありません、身寄りもおらずお金を借りることもできません。社会福祉協議会に相談したんですが、緊急小口融資とかいうお金を借りることもできるそうですが書類作成が面倒くさく私にはできそうもありません。

担当の人にお任せしようと思ったのですがこの制度はお金を借り、そして当然ですが返す必要があるので、いずれ仕事をして返せるあてがないと、審査が下りないということです。さらに書類が通り気にあったということで審査がおりてもお金を貸してくれるまでには3週間くらいかかると言われました。今持ってるお金も500円くらいです。派遣会社にもう一度就職のお願いをしていますが断られた状態でどうしようもないです。病気もどんどん悪化し、働ける見込みもなく治療費も払えない状態です。どうしたらいいでしょうか。

あなたの場合は福祉事務所に相談に行けば生活保護がおりるんじゃないでしょうか。あなたの状況を説明して、病気があること、派遣法日雇い法で働くつもりはあるものの職が見つからないことなどを全てお話しになってください。そしてその時はお金が今ないことを証明できるものを持って行ってください。例えば残高の少なくなってる通帳とかです。また病院の治療費の明細とかがあればそれも持って行きましょう。今滞納中の家賃や未納の支払い用紙が残っていればそれも持って行ってください。あと身分証明書印鑑もあると早いです。もうこの生活保護が受けられないとどうしようもなくなるということを、何度も粘ってお伝えになるといいです。

その時に注意したいのが、働こうと思えば働けるというようなことは言ってはいけません。働こうと思っている、というようなことを口走ってしまうと違う部署に回されてしまいます。あなたは働けない状態なのですから、もう働けない、誰も助けてくれない、いろんな人に助けてもらおうと頼んだけど無理だったからこの役所に来て相談していると粘って主張してくださいね。生活保護の申請用紙がもらえるはずですからこれは当日に書いて提出してください。そのために身分証明書や印鑑など必要なものを全部持って行くことをお勧めしています。そうすると処理が早く進めば2週間くらい後に生活保護費はもらえます。

担当者にもよりますが本当にお金がなくて今日明日の生活が困ると言えば少しぐらいなら役所の方でお金を貸してくれることがあるようです。とにかく生活保護を受けられる状態の人なのですから、生活保護の受給を目指して頑張って下さい。生活保護受給者になれば、医療費の補助がありますから、あなたの病気を治すために無料、あるいは格安で治療を受けられます。あなたはどこかでお金を借りるというより生活保護を受ける方が先です。緊急小口融資はお金を借りることであって必ず返さなければいけなくなりますが生活保護だったら返す必要がなくなります。


生活保護を受けていてもお金を借りたい

生活保護を受けていてもお金を借りたいのですが?

生活保護を受給しています。この前生活費をコンビニの ATM で下ろして家に帰ったところ財布落としていたことに気づきました。急いでそのコンビニに戻って探し生活保護にも即日融資たのですが財布は見つかりましたがお金は誰かに盗まれてしまっていました。それで生活保護を受給している役所の担当者に、この事情をお話ししました。財布の中のお金がなくなってしまえばもう生活することができない。なので生活費として生活保護費を前借りすることできないか?と相談してみたのですがやはり前借りの制度はないらしく生活保護の繰り上げ受給は不可能でした。それでも色々福祉関係の方が調べてくれて、少額借り入れの制度があるのではないかと期待して待っていたのですが、やはり今の私の状態ではたとえ生活費と家でも貸してくれるところはないそうです。とはいえその情報は何だか信じられず。なぜなら、私の担当の人がとても冷たい人なので、あまり調べてくれてはいないと思います。他の生活保護受給者の人にも聞いたんですけど、こういった状態であれば貸してくれる所もあるそうです。ただどこで借りたらいいのかがわからないのですが、どこか借りれる場所はあるでしょうか。

基本的には生活保護受給者は誰かからお金を借りるということできないはずです。例えば銀行のカードローンを使って借金したとしたら、それが担当者にわかってしまった時点で、生活保護の受給する権利を失うと思います。お金を借りることができるということは、銀行法消費者金融なりの審査を通ったということですよね。その審査に通るということは、安定した何らかの収入があるとみなされたというわけです。安定した収入がある人には生活保護は降りないですから。もし生活保護を受けているのにお金借りたいということであれば、社会福祉協議会の社会福祉資金という選択肢しかないのではないでしょうか。

生活保護費を担保にしてお金を借りる

生活保護を受給しているのですが受給者生活保護費を担保にしてお金を借りるのはいけないことでしょうか?法律違反とかになりますか?

法律違反というわけではないですが、生活保護という制度の性質上、保護を受けているのに別のところから借金をするというのは倫理上よくありませんよね。だって収入がないから生活保護を受けているのに別のところから収入を、この場合借金ではありますがお金を得ておいて、それを隠して使おうということですよね。さらに借金の債権者にも、保護費を担保にしてしまうということはあではほとんどないのにお金を借りるということで非常に不誠実だと思われます。